宇佐神宮さまとあなたをつなげてきます企画(お土産付き)

  • 2018.03.08 Thursday
  • 05:35

いよいよ、大分旅の日程が決まりました。

 

そもそもは、長年のわたしのクライアントさまであり、去年から一緒にお仕事もさせていただいている大分にある若宮八幡社さまの女性宮司さんにお会いしに行って、ご祈祷を受けるための旅。

 

318日(日)に出発することにして、最初に宇佐神宮さまへも参拝させていただくことにしました。(320日午前中に若宮八幡社さまでご祈祷を受ける予定です。大分まで行けないという方の為の春分の日のご祈祷企画はこちら

 

サロンで告知したら、九州のクライアントさまが一緒に行きたいと行ってくださってさらに楽しくなりそうです。

 

ということで、宇佐神宮さまへ参拝させていただくにあたってのわたしなりの考察もふくめた企画をたてました。

 

ちょっと長いですがよろしければ ↓ ↓( サロンの記事より転載です)

 

 

*********

 

さて、宇佐神宮。調べてみたら、先ほども書きましたが、全国44,000の八幡宮の総本社となる、相当な格式ある神社さまのようです。

 

でね、わたし全然知らなかったんですけども、神社の中でも八幡宮はとても多いのだそう。

 

そもそも八幡宮(八幡社)ってどういう神社さまなのかというと、戦いに勝つため、そして国を護るための神社さまなんだそうです。

 

つまり、それくらいに昔は生きるために戦うということが当たり前で、勝たないと生きていけない。存続できない。家族や家系を守れない。

 

でね、調べていてそれがわかって、わたし「戦いというものへの嫌悪感」ってあるなぁって気づいたんです。

 

戦い=悪いもの 》って。

 

だから、歴史を学ぶことも好きじゃなくって。だって、「そもそも何で戦わなきゃいけないんだよ」って思っちゃうから。

 

でも、実は、普段日々の中で戦うことってたくさんあって。

 

現代で言えば、結果を出すこと、人より上に行くこと(自分を磨く、切磋琢磨なども)、より繁栄すること、などかもしれない。

 

で、ここでタロットを持ち出しますと、

 

戦いを直接的に示すのはソードとワンドだとおもいます。

 

ソードは知性、情報、ジャッジメント。ワンドは意欲、モチベーション、熱意。

 

ソードはタロットの四大元素の中で一番人間的な性質で、道具なんですね。うまく使わないと人を傷つけたり、自分を傷つけたり、戦い争いの元となる。

 

ワンドは、原始的な性質で、初期衝動や直感でもある。

 

今、このタイミングでわたしはこれらをどう扱いたいだろう??っておもいました。

 

ちょうど、まるちゃんが働くことは戦うことだと思っていたというエピソードを書きましたよね。

 

これって、原始的な欲しいから欲しい!!という衝動(ワンド=火)を、欲しいものを得るための知性や技術を使う(ワンド=風)ってことだろうとおもうんです。

 

けど、いかんせんこれって男性性しかない。だから、女子はこういうあり方によって気持ちやカラダがキツくなる。

 

女子(女性性)は、与えられたいんですよね。与えさせたい。自分のために働かせたいし、自分のために意欲を燃やしてほしい。

 

つまり、女子は受け取るための器を日々作っておくのが仕事じゃないかっておもうんですね。この子のために働きたい、この子に与えたいと思わせることが仕事っていうか。

 

で、逆に男性性や男子って、戦うことや技術を使うことに喜びを感じるようにできているとおもうんです。

 

そう考えると、わたしが戦うことへ嫌悪感を持つことって、戦うことへの否定というよりも「わたしは戦いたくない」ってことなのかもしれないと。

 

で、去年いくつか行く機会があった、政治色の強い神社さま(寒川神社、熱田神宮、香取神宮などなど)って、守護や勝ち取るエネルギーはたしかにすごく感じたんですね。地に足のついたどっしりした頼もしいエネルギーでした。

 

ちょっと怖くもあるんですね、こう言う神社さまって。男性性のエネルギーだから。ほんとにごっつい鎧をつけた存在を感じちゃうわけです。だから、わたしは自然神の神社さまのほうがしっくりくる。

 

でも、そこに同調しようとするから、違和感を感じるのであって、《 わたしのために働いてもらう 》というスタンスならば、大いに助けてもらいたいともおもいます。

 

と、ここまで考えてみて、最初はちょっとひるんでいた宇佐神宮さまへ「 たくさんサポートしてもらいに行こう。」って思えました。

 

つまり、戦い=男性性というものとの関わり方が見えてきた。

 

そう、八幡宮には、比売神さま(宗像三女神)も祀られているものなので、やっぱり男性性だけじゃチカラは発揮されないってことなのかもしれないですよね。女性性も存在しないと。

 

で、若宮八幡社さまは現在女性の宮司さまだから、ある意味での陰陽統合をなさっているようにもおもえます。すごく意味のあることなんじゃないかなって。

 

ということで、わたしからの提案は、女性は女性のままでいい。戦うことは男性に任せましょう。頼りましょう。女性が女性であるために、男性性の神社さまに守護してもらいましょう!!ってこと。

 

わたしは特に、占星術でいうと、太陽星座も月星座も水(魚座とさそり座)なので、余計に男性性が強いものに同調しづらいのかもっておもいます。

 

で、長くなりましたけども、

 

今回も、お申し込みの方と神社さまのエネルギーを繋げるための参拝とお土産の企画をさせていただこうとおもっています。

 

今回の宇佐神宮さまはとにかくエネルギーがでかい感じがしています。

 

ピンと来られた方はぜひ。

 

 

宇佐神宮さまとあなたをつなげてきます企画(お土産付き)》

 

お一人さま  10,000

 

お名前、ご住所を明記の上 saintphalle777gmail.com(☆を@にかえてくださいませ)まで。

 

ご家族分も料金はそのままで一緒に参拝させていただきますのでご希望の方はご家族のお名前とご家族のご住所も明記くださいませ。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

blessing of the light のHP

あすかの会員制サロン

定期購読の有料マガジンです。会員さまは毎月数回の遠隔ヒーリングをさせていただき、サロン内ではご質問やご相談にも乗らせていただきます。会員様向けのイベントも開催予定です。 あすかの会員制サロン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • どう考えたら気分がよくなるか
    asuka (12/15)
  • どう考えたら気分がよくなるか
    きぃぼう (12/14)
  • あなたという存在が正解なんだ
    Asuka (07/18)
  • あなたという存在が正解なんだ
    アクア (07/17)
  • 自意識キャラでもう笑わせなくていい
    Asuka (02/08)
  • 自意識キャラでもう笑わせなくていい
    片腕 (02/08)
  • すぐに気分良くならなきゃと焦らなくていい
    coto (12/03)
  • それを豊かと呼ぶ 〜 サロンパーティとコーチングのご報告 〜
    coto (12/01)
  • どうせクリエイトすることになっちゃう
    asuka (09/03)
  • どうせクリエイトすることになっちゃう
    ユミ (09/03)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM